西出和男は、39年間メガネを作ってきた福井の眼鏡職人である。
西出和男眼鏡は、ハンドメイドチタンコレクションとして、彼の眼鏡人生の結晶と言えるだろう。
物の溢れる現代から逆行するように、徹底的に無駄を削ぎ落とした眼鏡は、
かけていることを意識させないまでに軽い。
奇をてらわない、真摯さが伺えるヴィンテージベースのデザイン。
老練した職人の手によって作られる眼鏡は最高級の品質を誇る。
日本眼鏡の最高峰は、もはや眼鏡と言うより作品に近い。